岡山京橋クルーズ|岡山の中心地、京橋から瀬戸内海へ。チャーター船のご予約受付中                 jQuery

島歩きの心得

Knowledge of island walk

十分な熱中症対策を

夏の暑さは厳しく、日差しを遮るものがほとんどありません。帽子、日傘、タオルなど日差しを遮るもの、水やスポーツドリンクなど、水分を補給できるものをご用意ください。春や秋は突然気温が下がることもありますので、上着も忘れずに。

動きやすさを最優先に

島内は坂道や石畳など歩きにくい道が多く、ヒールやサンダルは不向き。足元は履き慣れた運動靴。かばんは両手が使えるリュックなどがおすすめです。

マナーを守り、気持ちよく挨拶を

大声で騒いだり、勝手に民家の庭に入るなど、地元の方に迷惑をかける行為は絶対にやめしょう。写真を撮るときも一声かけてから。地元の方、来場者同士、出会ったら気持ちよく挨拶を。

交通ルールを守る

島内の道は、地元の方が利用する生活道です。通行の邪魔にならないように、歩行者も自転車も一列で進むようにしましょう。

食事の計画はしっかりと

島内は飲食店や販売店が限られています。飲料水を持ち歩き、食事もなるべく予約しておきましょう。クレジットカード等が使えないお店も多いので、現金を持っておくと安心です。

トイレも計画的に

島内で利用できるトイレの数は限られています。フェリーや港などで済ませておきましょう。

帰りの船の時刻は常に確認

島から出る船の最終便を逃すと翌朝まで交通手段がありません。時刻表をしっかりとチェックし、船の緊急情報にも注意しましょう。

ゴミは島から持ち帰る

島ではゴミの処理ができません。自分が出したゴミは必ず島から持ち帰りましょう。

犬島

犬島

Inujima Island

岡山市宝伝の沖、約3km先に浮かぶ周囲4kmほどの小さな島。「犬島みかげ」と呼ばれる良質な花崗岩の産出で知られ、大阪城や江戸城、岡山城の石垣にも使われるなど、古くから採石業が盛んでした。また、明治から大正にかけて銅の精錬所が立地し、隆盛をきわめてきた歴史があります。

現在はかつての銅製錬所の遺構を保存、再生した「犬島精錬所美術館」、空き家や空き地を活用したギャラリーが点在する「家プロジェクト」などを中心に現代アートの島として生まれ変わり、多くの観光客から注目を集めています。